アフィリエイトで自由になるために

【奴隷社会】見えない鎖に繋がれた日本人

【奴隷社会】見えない鎖に繋がれた日本人

会社=奴隷制度

 

 

タイトルから想像できると思うのであえて説明するまでもないかもしれませんが、会社という組織は現代版の奴隷制度と言えるものです。

 

 

最近では、それに気づきはじめて何らかのアクションを起こそうとしている人も増えてきているようです。

 

 

 

奴隷といえば何十年も昔、ボスの言いなりにひたすら働かさせて人生を終える人のことを指していました。
人としての扱いはされず、もはや家畜のような扱いを受けていたようです。

 

 

本当にひどい話ですよね。。。

 

 

 

もしかしたらあなたは今、「衣食住に困らない平和な国である日本に生まれてきてよかった。」そう思われたかもしれません。

 

 

実は、これが罠なのです。

 

 

まさに見えない鎖というやつですね。

 

 

では早速ですが、本題に入りたいと思います。

 

 

 

たしかに現代の日本では仕事さえあれば食べるものに困ることはないかもしれませんが、ほとんどの人が生活するためだけに毎日朝から晩まで働きずくめです。

 

 

でもそれは好んで働いているのではなくて、本当はやりたいことをしたり平穏にのんびりと暮らしたいだけなのに、反半ば強制的に休みもなく働かせざる得ない環境に置かれているからだと思います。

 

 

 

有給を取ろうものなら一瞬で冷たい視線にさらされ、怠け者扱いです。
それに完全週休二日の業種なんてごく1部ですし、週に1日しか休みがないなんてこともざらにあります。
さらにサービス残業や長期休暇がつぶれたりと、思うように休めない方がほとんどです。

 

 

 

私の周りにも週に1日しか休めないという人も多いですし、ひどい話では残業を9時間もさせられたという話も聞きました。

 

 

 

このように自由な時間がほとんどない生活を送っていると、一体何のために生きているのかわからなくなってしまいますよね。
私も会社生活を送っていると休みの日以外は生きた心地がしません。(笑)

 

 

 

これは会社に時間を奪われてしまって精神的にも余裕がなくなってしまい、生きている原動力となる「魂」を少しずつ削られているからですね。
よく、「電池が切れた」と意識を失うように寝る人がいますがこのことなのかもしれません。

 

 

 

しかし、私たちは会社の言いなりになるために生まれてきたわけではありません。

 

 

少なくとも第三者に自由を奪われて、やりたいことを我慢させられるためにわざわざ日本と言う国に生まれてきたわけではないと思います。

 

 

 

私たちには自由に生きる権利があります。

 

 

 

鳥が好きなように空を飛び回るように私たちは自由に生きていくことができる存在です。

 

 

 

ですので、もしあなたが会社に雇われていているがなんらかしらの不安、疑問を抱えているのであれば、最後まで読み進めてみてください。

 

 

 

しかし、私たちは残念なことに周りに言われるまま学校に通い、会社という組織に入った瞬間に本来手に入るはずの自由を第三者によって奪われてしまいます。

 

 

会社によって奪われる自由は以下です。

 

 

職場の近くに住まないと会社に通えないので住む場所は必然的に会社の近くに限定される。(場所

 

 

朝起きてから家に帰るまでの時間をすべて奪われる。(時間

 

 

旅行に行こうものなら長期休暇で行くしかないので費用が割高。(時間お金

 

 

上司には逆らえないのでグッとこらえるしかない。(人間関係

 

 

会いたくない職場の人と毎日会わないといけない。(人間関係

 

 

労働に対する給料が少ない。(お金

 

 

これらはほんの一部に過ぎないことですが、簡単にまとめてみました。

 

 

 

こんな不自由な生活を送りながらなんとか耐え抜いてもらえるのは、
「わずか1ヶ月をようやく食い繋げる程度の給料です。」

 

 

 

このような状態があと20年も40年も続くと考えたら恐ろしいですよね?

 

 

 

私も社会人として働きはじめた頃は、そんな不自由な生活が何十年も続くと考えただけでも怖くなりました。
衣食住に恵まれたにも関わらず世界的に見て日本の自殺者が多いのはこのことが関係していると個人的には思います。

 

 

 

でも、生活をするのにギリギリのお金しかもらえないままでは、いつまでたっても終わらないこのラットレースから抜け出すことは不可能です。

 

 

雇われるままでは、苦しくても苦しくても死ぬまで永遠に働き続けなければ、収入がストップした途端にご飯を食べれなくなってしまいます。

 

 

 

ただでさえ会社で不自由で窮屈な人生を送っているのに、給料は生活費ギリギリの金額しかもらえない。

 

 

欲しいものは変えずに節約は余儀なくされ、プライベートまでもが制限されてしまう。

 

 

それなのに多くの人は「雇われる」という道を選ぶのです。
しかし、「就職がすべてだ!」と言わんばかりの教育を受けてきたので当然の結果と言えるかもしれませんね。

 

 

会社=社長を裕福にするためのシステム!?

 

会社という組織には必ず「社長」という存在がいて、その管理下に従業員がいることによって成り立っています。
従業員は、いくら頑張ったとしても貰える給料はたかが知れています。

 

 

なぜかというと、あなたが頑張ったらその分だけ社長を裕福にしているからです。

 

 

 

そんなのでたらめに決まってる!と言われるとそれまでですが、「一生懸命働くことが正義」という言葉は権力者によって都合のいい、ただの綺麗ごとにしか聞こえないのは私だけでしょうか?

 

 

 

とても笑えない現実ですが、雇われの身である私たちは、雇われる側にとっては会社を大きくするための道具にすぎません。
キツイ言い方になるかもしれませんが、働く以上は1ヶ月に1回だけうまいエサを少しだけくれるかもしれませんが、いざ使い物にならなかったら何もない丸腰の状態で捨てられてしまうのです。

 

 

見えない鎖を外せば自由になれる

 

会社という名の見えない鎖に繋がれていると本当に窮屈ですし、不自由です。

 

 

のんきに毎日何気なく過ごしている人を見ているといつも思うのですが、雇われの身であることのリスクを考えたことがあるのでしょうか?

 

 

そのリスクとは以下です。

 

 

機嫌を損ねたり、不景気になるとあっさり解雇される。

 

 

さんざんこき使われた後は月数万円の年金で細々と生活。

(今後年金をもらえるかどうかすらわからない。)

 

 

危険な作業や業務で命を落とす危険性。

 

 

エサとしても給料は生活ギリギリの微々たる金額。

 

 

ひたすら40年も50年も働かさせて人生で貴重な時間の大半を会社に奪われる。

 

 

病気やケガで使い物にならなくなったら容赦なく捨てられる。

 

 

よく、「サラリーマンが一番安定していて安心。」という言葉を耳にしますが、これでもリスクがないと言い切れるでしょうか?

 

 

 

これらのリスクを回避するには、新たな収入源を確保するしか方法はありません。

 

 

つまりどういうことかというと、自分のビジネスを持つということです。

 

 

 

「ビジネスを持つ」と言ったとたんに自信を無くしてしまう人もいますが、今はインターネットが急速に発展しているので、誰でも収入源を作ることはできますから、そう難しいことではありません。

 

 

ビジネスと言ってもいろいろありますが、その中でもおすすめするのがアフィリエイトビジネスです。

 

 

アフィリエイトは簡単に言うと紹介業のことで、あなたが作ったブログやサイトなどに広告リンクを貼り、それを誰かがクリックして商品を購入してもらうことによって報酬が発生するという仕組みです。

 

 

 

アフィリエイトなら、

 

 

解雇されたりする心配もなく、

 

 

危険な仕事をする必要がないのでケガなどのリスクもなくなり、

 

 

仕事をする時間は全て自分で決められて、

 

 

自分が頑張っただけ報酬が入るので好きな金額を稼げるようになります。

 

 

 

ネット上にお金を生み出す資産を作るということは、自分が働かなくても自動で収入が発生する仕組みを作るということです。
あなたが働かなくても、寝ていようが遊んでいようが勝手にお金が銀行口座に振り込まれるわけですから、
もう家畜のように身を粉にして働く必要もなくなりますね。

 

 

そうなったときに社長室に行って「会社辞めます!」と言ってバンッと辞表を社長の前に叩きつければいいのです。

 

 

その後に待っているのは、もはや自由な世界です。

 

 

もう何にも縛られることもなく生きていくことができますから、自分が思い描くように好きなように生きていいのです。
朝からゲームをしようが、恋人とデートに行こうが、子供と公園で遊ぼうが、家でゴロゴロ使用が、ふらりと旅をしようが、誰にも何の文句を言われることがありません。

 

 

 

あなたが思うように楽しく生きていくことができるのです。

 

 

 

そうすることによってようやくうまい具合に作られた現代の奴隷社会から抜け出すことができるようになるのですね。

 

 

 

PS.

 

一生こき使われたまま働くか?

 

 

それともネットで資産を作り上げるために自分に投資をして自由になるか?

 

 

どんな人生を送るかはすべてあなた次第です。

 

 

もしあなたが何にも縛られることなくありのままに、そして本当の意味で自由に生きていきたいのであれば、アフィリエイトビジネスで仕組みを作り上げることに挑戦してみるといいと思います。

 

 

たとえ失敗したとしても、行動し続ける限り人生何度でもやり直しができますからね。

 

〜アフィリエイトの教科書〜

 

 

 

PPS.

 

近々、メールマガジンを配布しようと思っています。

 

 

配布時期としては6月下旬から7月上旬ごろです。

 

 

楽しみにしていてくださいね。

 

 

トップへ戻る