【コピーライティングスキル】読者の反応が変わる記事の書き方

【コピーライティングスキル】読者の反応が変わる記事の書き方

読者の反応が変わる記事の書き方とは!?

【コピーライティングスキル】読者の反応が変わる記事の書き方

 

はじめに言っておきますが、アフィリエイトはコピーライティングスキルがないと稼ぐことができません。

 

 

たとえ稼げたとしても、それは一時的なものでまたすぐに稼げなくなります。

 

 

実際、月収100万円以上稼げているアフィリエイターというものは、必ずと言っていいほどコピーライティングスキルを身につけています。

 

 

今回は、読者の反応が変わる記事の書き方について紹介していきたいと思います。

 

 

3分ほどお付き合いください。

 

 

それではいきます。

 

 

 

読み手の持つ3つの壁を突破する

 

実は、読み手の心理には3つの壁があると言われています。

 

1.興味・関心

 

2.信用・共感

 

3.行動(商品を買う)

 

お客さんに商品を買ってもらうためには、この3つの壁を1つ1つぶち壊していく必要があります。

 

 

まずは1つずつ紐を解いてみますね。

 

 

 

・まず、あなたのブログに興味を持ってもらい、関心を最大限に高めて読んでみたいという気持ちにさせます。(興味・関心

 

 

・そして、正しい情報や価値ある情報を提供して共感、信用してもらいます。(信用・共感

 

 

・最後に、お客さんに行動してもらうためにさりげなく背中を押してあげます。(行動

 

 

 

興味がないブログなんて2秒でページを閉じられてしまいますし、信用がないところから商品を買おうとは思いませんよね?

 

 

読者さんにファンになってもらうには、この3つの心理の壁を通り越さなければなりません。

 

 

この心理の流れを知っておくだけでもかなり違うと思うので意識するようにしてくださいね。

 

 

 

恋人や家族に向けて文章を綴る

 

 

文章を書くときには、あなたの恋人や家族など大切な人に向けて文章を書いてみてください。

 

 

なぜかというと、前項でお伝えした興味と信用を得るためです。

 

 

たとえば、このような文章をよんであなたはどう思いますか?

 

 

「なんでお前が稼げないかわかるか?それは勉強不足だからなんだよ!この教材買ったら稼げるようになるから絶対買えよ!」

 

 

少なくとも良い気分にはならないと思います。

 

 

しかし、巷のアフィリエイターというのは、どこか読み手を上から目線でみたり小バカにした文章で稼ごうとしています。

 

 

そんな文章で長期的に稼げるはずがありませんよね?

 

 

そこで大切な人に文章を書くように意識してみると、不思議と読み手の反応が変わったり成約率の高い文章が書けるようになってきます。

 

 

悩んでいたり価値ある情報を求めているひとはとてもデリケートな状態ですから、親身になって真剣に向き合ってくれる人のブログを選ぶはずです。

 

 

 

まとめ

 

「1.興味・関心、2.信用・共感、3.行動」この3つの心理の壁を突破できるよう記事を書いていく。

 

恋人や家族に向けて文章を綴る。

 

読み手を小バカにしたような文章では稼げない。

 

 

あなたの主張することや信念に興味を持ってもらい、あなたの言っていることは正しいと信用してもらう。

 

 

そうすることによってようやく商品を買ってもらえるのですね。

 

 

今日お伝えしたことはとても重要な事なのでぜひあなたのビジネスに取り入れてみてくださいね。

 

 

 

PS.

 

今日は基本的な事ですが、すぐに取り入れて実践できることをお伝えしました。

 

 

アフィリエイトで稼いでいくためにコピーライティングスキルは必要不可欠だと思いますが、

 

 

どうも巷ではコピーライティングスキルというと作文のようなだらだら述べる文章、または売り込むためのスキルだと勘違いしている人が多いようですね。

 

 

それはどこかのエセアフィリエイターが自分が稼ぐことしか考えていなかったり、コピーライティングスキルを全く勉強していない人が情報発信しているからかもしれませんね。

 

 

しかし、私たちは一時的に稼ぐことではなく一生涯食いっぱぐれないスキルを身につけて自由に生きていくことが目的ですから、

 

 

コピーライティングスキルは早い段階で学んだ方がいいと思います。

 

 

一生涯食いっぱぐれないスキルを身につける

 

 

トップへ戻る